塾の一コマ

週別アーカイブ
(2012年 1月)

1週

2週

3週

4週

5週

月別アーカイブ

2011年 12月(10)

2011年 11月(7)

2011年 10月(9)

2011年 9月(8)

2011年 8月(8)

2011年 7月(8)

2011年 6月(10)

2011年 5月(12)

2012年、今年もよろしくお願いします!!
 今月は更新がだいぶ遅れてしまいました。ゴメンナサイ。
今までを振り返ってお伝えしますっ (><)

1月13日
近年秋のキャベツはなかなか思うような収量を得られなかったですが、
今年は嬉しくなるようなキャベツの量です。
畑にはそんなに目立った欠株はないし、
収穫後のキャベツが畑に映えて目立っています。
        
写真が白光りしてまるで早朝の高原のように見えますが、
これでも4時頃なんです。既に寒空・・・
今年は全く雪も降らないし寒さが強く感じます。

1月16日
冬の仕事、切り干し大根作り。
冬の大根はそれだけでも甘いですが、天日に干して風にさらされて
ようやくカラカラに乾いたそれは本当に甘さが何倍にも増します。
        
梅の剪定。今年もきれいな梅の花が咲きいい実がつくように。
この後堆肥を施します。
    
   
1月18日
春作の種が届きました!!
正月休みの間に今年1年の作付け(どの畑に何を植えるか)を考え、
それに伴って必要になる種も注文します。
    
直径1mmもない種一粒が私達のお腹を満たすほどの大きさの野菜に育ち、
翌年には何十、何百倍もの種になって私達の手元に戻ってくる。
命の輪廻ってものすごいな、尊いなと思います。
トウモロコシの種にはGMテストを行なっています。
塾では出来る限りの自家採種を行なっています。
キュウリ、インゲン、ナス、トマト、ネギ、大根、小松菜・・・など。
またそのまま翌年に種になる野菜:里芋、さつま芋、大豆、米、じゃが芋なども
自家種です。

1月21日
温床枠作り。ワラを一束ずつ縛り付けていく。
    
この作業が始まると今期がこれから始まるぞって感じがして
更に気が引き締まる思いです。
    

1月25日
今年初の温床踏み込みです。
発酵熱を利用してまだ寒い今時期から春野菜の苗を育てます。
    
踏んだときの足の感触、音などを頼りにして踏む硬さ、水の量を調節します。
これがちゃんとできないとこれからの苗作りに影響します。
発酵温度が高くなりすぎてすぐに温度が下がったり、
なかなか温度が上がらずだらだら低い温度が続いたりしてもだめなんです。
育苗のためのちょうどいい温床は5感と経験が必要なのかな・・・!?

1月30日
春作のキャベツ、ブロッコリー、レタスなどの種を播きました。
温床の温度も上がってきて現在20度くらい。
これからもう少しあがってくるかな!?
    
数日後には芽を出します♪
******************** トップページへもどる ********************