塾の一コマ

月別アーカイブ

できたてホヤホヤ〜


週別アーカイブ
(2011年 5月)

1週

2週

3週

4週

5週

5月4日


5月になり暖かくなって夏野菜の準備が始まりました!!
畝立の猛ラッシュです!!
       
マルチャーというマルチを張る機械もあるようですが、塾では全て手作業!
鍬(くわ)を使っています。
鍬が活躍できるのはこのマルチ張りくらい。
この作業のおかげでみんな鍬使いを覚えます。
鍬のフル稼働〜〜!!

            
ハウスの中は定植を待つ夏野菜の苗でいっぱいです!

5月5日
今日は仕分けの日。毎週月曜、木曜は出荷に向けてセット作りです。
    
今は端境期のはずなのに、なんだかセットがてんこ盛りです(^^)
人参、サツマ、里芋、大根、ラディッシュ、レタス、三つ葉、間引き菜・・・
数えたら18品種もありました!!
我ながら驚きです。
『冬野菜が終わって夏野菜が採れ始めるまで』と、
『夏野菜が終わって冬野菜が採れ始めるまで』の2回端境期があります。
冬の貯蔵野菜が終わり、
春野菜が終わりに近づいて夏野菜が採れそうになる頃が
1年の中で最も野菜が少なくなる時期です。
本当の端境期はこれからですネ’’’

5月8日
毎週日曜日は全部の畑を見回って野菜の生育状況を確認する日です。
その観察によって今週1週間のやるべき仕事が決まってきます。
例えば・・・
        
レタス。結構草が生えていますね。
今週はレタスの除草作業が必要だ〜〜!
みたいな感じで仕事が決まっていきます。
今出荷しているものと時期をずらして作付けています。
これによってレタスを楽しむ期間が少し長くなります。
        
みんなで張り終わったマルチ。
この他にも4枚の畑にマルチを張ってあります。
もうどこに何を植えるのかも決まっているんですよ(^^)
右奥にはキュウリ、インゲン用のアーチが6棟たってます。
あとは定植を待つだけです!!
        
何の花か分かりますか?
塾ではジャムにも加工していますよ(^^)
・・・ブルーベリーです!!
もう間もなく満開。
夏野菜の収穫で忙しい時期に同じく収穫期を迎えます。
朝一番で野菜の収穫が始まり、
ブルーベリーの収穫が出来る頃は炎天下・・・
美味しいけど結構ハードな作業なんです;;
収穫しながらつまみ食いでもOK!
・・・誰か収穫の手伝いに来てくれないかな〜〜
        
野菜の花ってなかなか見る機会がないけど、
(・・・ほとんどが花咲く前に収穫だから)
なかなかきれいだよな〜〜って思います。
ある種採りをしている人は言います。
花が枯れて種をつける頃が野菜の一生の中で一番美しい』と・・・
愛や誇りがないと出ない言葉です。
まさにプロ、職人の一言だと思います。
スイトピーのようなこの花は絹さやのもの。
もちろんこの姿もきれいです(^^)

5月10日
もうそろそろここ烏山では霜の心配がなくなってきました。
定植してもいい頃です。
そこで今日は定植の準備の苗取りをしました。
面積も広く苗もいっぱいあるので前日に取らないと仕事が終わりません。
一本一本確認していい苗を選んでいきます。
        
夏野菜の苗は霜に当たると枯れたりして痛みます。
遅霜の心配がなくなる頃に植えます。
本当は今日にでも植えたいくらいなのに今週は雨ばかりで週末になりそうです。
今年は『いい日旅立ち〜♪』になれるかな!?
        
苗取りをして定植の準備を待つ苗↑
今日はズッキーニ、カボチャ、いんげんの苗を選びました。
もう大きくなって週末まで定植が待てません。
明日にでも強行かな・・・
天気がもってくれればいいんだけど・・・

5月12日
出荷日前日の夜はみんなで出荷伝票の記入をしています。
翌日の配送の準備や発送した店への伝票のFAXなどなど・・・
月、木曜日は畑仕事が終わった後の事務仕事が多い日です。
計算なのでみんないつになく真剣・・・
        

5月13日
ようやく定植の日を迎えることが出来ました!!
しばらく晴れも続くし一気にやるぞ〜
・・・ってことで今日は4時半から(><)
        
苗を植える用の穴あけ中・・・
やり方を教えてます。
塾では先輩が後輩に教えていく仕組み。
教えることもまた学びになります。
それにしても兄弟のようなお笑いコンビのような二人です(^^)
        
それぞれの穴に苗を配っていきます。
これはピーマンの苗。
        
インゲンの苗を植えているところ。
夏野菜の苗植えはいつも以上に気が張ります。
この植え付けが今年の夏の作付け全てに影響するからですね。
あまりやり直しが効きません。
今年のまだ*寒い*3月から苗を作り始め、
今日ようやく畑に飛びたてました!
        
いつもは前日に終わっている苗選びも同時に。
苗植えの人数も減ってハード;;
苗の量も多いし、畑の面積も広いし結構大変です!
でも振り返ればキュウリインゲンズッキーニピーマンなす
植え終わることが出来ました!
明日はトマトカボチャなどです!!

5月17日
ハウスのトマトも先週で植え終わりました!!
草よけにモミガラでマルチしています。
        
8棟あるハウスの内2棟はぶどう、6棟はトマト用です。
ハウスは冬の苗作りにも活躍していますが、基本的に夏のトマト用です。
        
トマトはハウスだけではありません。
少しではありますが、露地にも作っています。
雨に弱く病気になりやすいトマトは、基本的にハウス栽培が主流です。
そんな中、『雨よけ施設のない家庭菜園でも出来るように』
種採りを続け10年。
ようやくものになるようになっています。
そんな露地トマト用の支柱を立てているところです。
        
周りの人たちはだいたいGWには田植えを終わらせています。
塾のイネはまだこんなに小さいっ(><)
だいたい1.5〜2葉くらい。
田植えは6反もの面積をみんなで手植えです!!

5月20日
今日は稲の苗を水田に運びます。
 (稲の隣は今出荷中の葉玉ねぎです)
        
稲の土も化成肥料を使わず、
自分達で作った肥料:ボカシを混ぜて作っています。
でもボカシで育てた苗は後半になるといまいち生育が悪く、
追肥も効きが悪い・・・
あまり苗が短いと田植えも大変だし、水没しちゃうんです。
深水管理で草を抑制するには大苗作りが必要(><)
そこで水田に持って行き、そこで育てることにしました!
        
一度に2枚持ち!!
苗が潰れないように指や手のひらに力を入れて運びます。
        
水田に持ってきました。
田植えまでここで育てます。
水苗代で育つ苗は陸のものより均等な生育をするんです。

5月21日
初物だーー!!
あまりのキレイさに撮ってしまいました(^^)
        
絹さやってなんだか特別な存在です。
1年の始まり、長い冬から明けた一番最初のの野菜という感じがします。
もちろんその前にキャベツやブロッコリー、レタスなどの
春先の初物もあります。
それなのに何故でしょう、そう感じるのは・・・!?
春キャベツは秋作に比べ柔らかく、甘みもある。
同じ野菜でも季節で旨みが違う。
同じようでも違うのに、それでも特別に感じるのは
1年で1作しかできないからでしょうか!?
初物はやっぱりシンプルに食べるのが一番!!!

5月25日
近くのおじさん(よくお世話になってます)が
コシヒカリの原種の苗をくれることになり、
急遽今日一部で田植えをしました!!
塾の苗はまだ2〜2.5葉なのでまだ先の予定。
         
いまだ手植えの塾では線を引いて田植えをします。
30cm幅の線引きを縦横に走らせ、その交点に植えます。
         
昔の人はめちゃくちゃ植えるのが早いですよね(><)
両手、両足、目線・・・全てがきちんとその役割を果たして
動かなければなかなかそうはできません。
まだまだ先人達の足元には及ばず〜〜

5月26日
今日また一人卒業者がでました(^^)
菊地くん(黒のロンTのもしゃもしゃヘアの彼)は去年10月に入塾し、
今年海外協力隊の試験にパスし、トンガに行くことになりました!!
現地での活躍を期待してます!!
         
淋しくはありますが、ここでの経験を活かして現地での農業指導など
頑張ってきてほしいものです(^^)

5月31日
農場では梅の実がふくらみ収穫の日を待ち望んでいます。
去年はひどい不作で自家用でもほとんど漬けられないほどでした。
今年はいっぱい採れそうです(^^)
         
玉ねぎの収穫が始まりました!
収穫の後ハウストマトの通路の間で乾かします。
         
昨日の台風はすごかった〜!
野菜にもその爪あとが残りました(TT)
小さな実をつけたズッキーニやキュウリ・・・
傷付いた(植物)体を見るとなんか悲しくなります。

******************** もどる ********************